創価女子短期大学の偏差値情報・概要・学部について

創価女子短期大学はどんな大学?

創価女子短期大学はどんな大学?

東京都八王子にある創価女子短期大学はしなやかに、強く、そして心ゆたかに理想に向かって新しい時代を切り拓いていく聡明な女性リーダーを育成していく事を目的とした大学で友との縁や姉妹との絆を深めキャンパス内の安心・安全をサポートする充実した支援体制が特徴となっています。

学科にはビジネススキルと実践的な英語力を兼ね備える事が出来る国際ビジネス学科があり、自由でくつろいだ雰囲気の中で留学生と英会話を楽しみながら英語力やコミュニケーション力を身に付ける事が出来ます。

現代ビジネス学科では人間、環境、社会などの多角的な視点から刻々と変化している現代ビジネスを据え、経営マネジメントやコミュニケーション能力の修得へと導きます。

創価女子短期大学の偏差値情報

創価女子短期大学の偏差値情報

創価女子短期大学の偏差値は、英語コミュニケーション学科が49で現代ビジネス学科が48となります。東京都内での女子短期大学でも中の上レベルの偏差値で一般入試による試験では難易度も高い傾向があります。

創価女子短期大学では英語コミュニケーション学科と現代ビジネス学科の2学科体制でしたが2018年4月より統合されて国際ビジネス学科の1学科体制となります。

その偏差値についても、2学科と同水準の48~49の範囲内に収まる可能性も高いです。創価女子短期大学に入学する上では試験が存在しますが、公募推薦、一般入試、帰国学生・外国人学生入試があります。

公募推薦による募集は募集人員が105名で、筆記試験・面接・書類審査による合否が決定します。一般入試の募集人員は125名で、英語と国語による試験が行われ、調査書は参考程度の扱いになります。

創価女子短期大学にはどんな学部がある?

創価女子短期大学にはどんな学部がある?

創価女子短期大学には、いわゆる学部という位置づけのものはなく、現在2つの学科にわかれています。それは、現代ビジネス学科と英語コミュニケーション学科です。

現代ビジネス学科は、現代ビジネスにおける諸問題の発見力と論理的解決力を養成するものでビジネスの基礎や、簿記、グローバル科目などが学べる学科です。

英語コミュニケーション学科は、社会で役立つ実践的な英語力と、国際感覚を学べる学科で、海外研修なども推奨しています。

2018年度入学生からは、2つの学科が1学科になり、国際ビジネス学科がスタートします。

この学科は、今までの2つの学科の垣根を超えて融合したものでビジネススキルも、英語力も兼ね備えた女性の育成を目標としています。