青山学院女子短期大学の偏差値情報・概要・学部について

青山学院女子短期大学はどんな大学?

青山学院女子短期大学はどんな大学?

青山学院女子短期大学はプロテスタント系の短期大学です。

グローバル人材の育成に力を注いでおり、米国に三つの姉妹校を持ち、夏期・春期の語学研修、留学、編入学や学生同士の交流も盛んなのが特徴です。

また就職に対するサポートも手厚く、入学時からたくさんのガイダンスやセミナー等を受講することができます。

サークル活動も盛んで、系列の青山学院大学との合同サークルや他女子大との合同サークルなどから選ぶことができます。

キャンパスは表参道駅から徒歩5分、渋谷駅からも徒歩10分ほどでアクセスの良さに定評があります。

また、キャンパスから徒歩15分ほどの代官山には学生寮もあり、地方から入学する場合でも安心して通学することができます。

青山学院女子短期大学の偏差値情報

青山学院女子短期大学の偏差値情報

青山学院女子短期大学は、バブルの時代は青山学院と同じかそれ以上の偏差値と呼び名が高かった短期大学ですが、最近では新規募集の停止が決定するなど入試の難易度は低めになっています。

青山学院女子短期大学は、青山学院の偏差値が60前後なのに対し短期大学では50以下の学部が目立ちます。大学に編入することもできますが、ほとんどの場合卒業後は就職となります。

入試は高校からの指定校推薦やAO入試などを利用すると入りやすい傾向にあります。

青山学院女子短期大学といえば昔は難易度が高いことで知られていましたが、最近では知名度の割に入りやすい傾向にあり、有名な短大に入りたいという女子に需要があります。偏差値は同じ場所にある4年生大学のほうが10以上高くなります。

青山学院女子短期大学にはどんな学部がある?

青山学院女子短期大学にはどんな学部がある?

青山学院女子短期大学の学部、学科は現代教養学科とこども学科があります。現代教養学科には日本専攻、国債専攻、人間社会専攻があり、こども学科は主に子供の教育を学べる学科です。

青山学院女子短期大学は2018年度より新規学生の募集を停止することが決まっています。現在の定員は同じ場所にある青山学院大学に開設される予定の新学部に引き継がれる予定となっています。

青山学院女子短期大学は、女子大の中では最もブランド力の高い大学として知られ、バブルの時代には本家の青山学院大学と同じかそれ以上の倍率になったこともある人気の短期大学です。

就職先が良いことでも知られ、大手企業からいくつも内定をもらえることで知られた短大でもあります。