短期大学を目指す人のために人気短大の偏差値一覧情報をまとめ

東京歯科大学短期大学の偏差値一覧

東京歯科大学短期大学の偏差値一覧

東京歯科大学短期大学には現在歯科衛生学科が存在し、その入試における偏差値は54となっています。入試における日程方式はセンター試験は導入しておらず、一般1期のみとなっています。この東京歯科大学短期大学では高校生や保護者の方の為に、水道橋でオープンキャンパスが実施されています。また入学後には歯科衛生士の資格が取得できることでも有名です。入学金はおよそ30万円、一年間の授業料はおよそ70万円前後となっています。

青山学院女子短期大学の偏差値一覧

青山学院女子短期大学の偏差値一覧

青山学院女子短期大学の入試における偏差値は、それぞれの学科ごとに若干の上下はありますが、およそ平均52となっています。この青山学院女子短期大学には現在学部は存在せず、子供学科と現代教養学科の2種類があり、それぞれの学科ごとにさらに細かく専攻が分けられています。入試の日程はセンター試験前期と一般前期2科目AおよびB、そして一般前期基礎学力型の4種類が用意されています。それぞれどの学科がどの入試方式なのかは、資料を請求するか問い合わせることで知ることができます。

白梅学園短期大学の偏差値一覧

白梅学園短期大学の偏差値一覧

白梅学園短期大学の入試での偏差値は、2017年度模試で51となっています。白梅学園短期大学は東京都小平市に本部を置く大学です。白梅短大と略されることが多いです。現在は、保育科のみの単科短大として教育を行っています。保育士養成の分野では50年を超す豊富な実績を持っていて、知名度が高いです。付属幼稚園での教育実習が熱心に行われています。白梅学園短期大学では、毎年10月下旬ごろに、白梅祭と称しての学園祭が行われています。

創価女子短期大学の偏差値一覧

創価女子短期大学の偏差値一覧

現代ビジネス学科と英語コミュニケーション学科の二つに分かれており、世界市民として現在を生き抜く術やコミュニケーションの養成を図ります。双方の学部の偏差値は、2016年時点で48となっています。卒業生の就職先は、航空会社や食品会社など様々です。どこへ行っても活かせる対人コミュニケーションの育成に力を入れているため、仕事の即戦力となる人材を育てることを目標としています。 創価女子短期大学では女性の国際進出を推進しており、その知識を問う問題が入試でも出題されることがあります。

共立女子短期大学の偏差値一覧

共立女子短期大学の偏差値一覧

共立女子短期大学には、文科と生活科学科の二つがあります。本部は千代田区一ツ橋にあり、都会的できれいなキャンパスが特徴です。学科の偏差値はそれぞれ48と47で、都内の女子大学の中では中堅層という位置づけです。就活にも全力をあげて学生をサポートしており、有名企業に内定する学生も少なくありません。 文系の入試には論述問題が多く、個人の考えや意見が反映されるような仕組みがなされています。カレッジマークには桜があしらわれており、女性らしさを表現しています。